教育実践×お悩み解決×小学校教員blog

小学校教員が書く小学校教員に向けてのアカウントです。学級経営や実践ネタについて書きます。

これだけは避けたい教師の失敗

 こんにちは。サンボンです。今回は、「これだけは避けたい教師の失敗」というテーマで記事を書いてみました。

 4月から教員になられる皆さんは、学校で働く上で多くの不安を抱えているということ思います。「こうすればうまくいく」ということを伝えるのはなかなか難しいのですが、「これだけはやめておけ」という内容ならばすらすら伝えられることに気がつきました。

 そこで、私が今まで小学校で働く上で経験した「これだけは避けたい教師の失敗」をブログで紹介していきたいと思います。

 

 自分自身の経験を振り返って、これはまずかったなという失敗談を集めてみて、その中でも特に注意した方がいいという失敗を紹介したいと思います。

 

 特に避けるべき失敗とはずばり・・・

 

 「集金の失敗」です。  

 

 これは、最もしてはいけない失敗の1つです。

 結論からいうと「子どもから集めたお金をなくしてしまった」という事件です。

 

 

 

f:id:noppoteacher:20210403055253j:plain

 

 

 なぜ、こんなことが起きてしまうのか。「そんなの普通ありえないでしょ」と思う方もいるとは思いますが、実はあり得ない話でもないのです。

 なぜなら「学校の現場は、構造的に物をなくしやすい」という現実があるからです。「構造的に物をなくしやすい」とはどういうことか、普段の教室での様子を例に出して説明してみます。

 例えば、朝に子どもたちが登校してきたとします。教室に入り、元気にあいさつをしたら、自分の席に行きランドセルをおろします。そして、次に家でやってきた宿題や提出するプリントなどを決められた場所に出します。例えば次のようなものが挙げられます。

  ・連絡帳

  ・自学ノート

  ・作文ノート

  ・漢字ドリル

  ・計算ドリル

  ・学習カード

  ・宿題のプリント

  ・学校から配付された提出書類

 

 さあ、もうお分かりの方もいらっしゃるでしょうか?そうです。「構造的に物をなくしやすい」というのはつまり、学校では「集める物が多すぎて混乱が起こりやすい」ということです。

 

 これらを一気に集めてしますと、机の上がごちゃごちゃになって、どこに何を置いたかわからない状態になります。

 

 このような状態になってしまうと「あれ、○○くんのプリントどこにいったっけ?」ということが頻繁におきます。そして、これがなかなか見つからないのです。探すだけで、1日の貴重な時間を費やしてしまいます。

 

ある調査によると、ビジネスマンが1年間で探し物に費やす時間は150時間にも及ぶそうです。恐ろしいほどの時間のロスです。教員の場合もこれと同じかそれ以上の時間を失っている可能性があります。

 

 そして、最も恐ろしいのは、

 

「集めたはずのお金がみつからない」

 

というケースです。

 学校によっては、本の購入や写真の購入の際のお金を担任が集める場合があります。この時に受け取ったお金をうっかり紛失してしまうということが起こってしまうのです。

 

 私の場合も、集めたはずのお金が見当たらず、教室や職員室を探し回るということが何回かありました。幸いにも、最後には見つかったので大事には至りませんでしたが、もし本当に無くしてしまったら大変でした。

 

 このような失敗を防ぐためにはどうしたらよいか。それは

「物を集める動線を決めておく」

ということが不可欠になります。

 

駄目な動線は次のようなパターンです。

 

パターン①

お金を受け取る⇒机に置いておく。⇒その机に他の物を置いてしまう⇒他の物の中にお金が紛れる⇒紛失

パターン②

お金を受け取る⇒職員室の机にしまう⇒後日、別の子どもからもお金を受け取る⇒金庫にしまう⇒また、別の子どもから受け取る⇒集金かばんにしまう⇒どこにしまったか忘れる⇒紛失

 

 この2つのパターンに共通するのは、「お金を集める動線を決めていない」ということにつきます。動線がばらばらになると、無くすリスクが高まるだけで無く、万が一無くしたときにどこで無くしたのかを特定しにくくなります。

 

 重要なのは次の2つです。

・集める場所を決める

・最短ルートで金庫へ置く

 

 まず、お金を集める場所を一定にしましょう。これが、ばらばらになると、どこにお金を集めたか忘れてしまい、紛失につながる恐れがあります。

 私の場合は、まずは子どもから直接お金を受け取ります。そして、それを集金かばんに入れておきます。これだけで「あれ?どこに置いたっけ?」ということをなくすことができます。

 ちなみに、子どもが直接集金かばんにお金を入れることはしません。万が一、お金が無くなった場合、子どもたちを疑わなければならなくなるからです。従って、集金かばんに触れるのは教師だけです。このような配慮も紛失やトラブルを防ぐ上で重要です。

 

 次に、最短ルートで金庫へ置くようにすることです。私の場合は、朝にお金を受け取ったら、それら全てを集金かばんに入れて、まっすぐ職員室の金庫へ入れて保管します。金庫の入れてしまえば、まずはひと安心です。

 この時に金庫に入れずに、職員室の机に置いておいたり、引き出しの中にしまっておくのはNGです。これも、置いた場所を忘れてしまうと紛失につながる可能性があります。とにかく、最短ルートで金庫へ保管するのが無難です。

 

 もしお金をなくしてしまった場合は、迷わず学年主任と管理職に報告しましょう。隠したり、ごまかしたりすると問題が悪化する一方です。相談すれば、案外なんとかなります。(まあ、なくさないのが一番ですけどね!)

 

 今回の記事はここまでです。読んでいただきありがとうございました!!

 

88セミナーで学んだことまとめ

88セミナーで学んだこと

 こんにちは。今回は、土居正博先生と松村英治先生のお二人のコラボ企画、いわゆる「88セミナー」参加して学んだことをブログにまとめたいと思います。

 

①平等に近づけることの大切さ

 今年度はこれに苦戦したのですごく響きました。「平等に近づける」とは、簡単に言い換えれば「ひいきしてると思わせないこと」と「誰でも安心して過ごせる関係性をつくること」の2つとして捉えました。

 1つ目の「ひいきしていると思わせない」というのは、一部の子どもばかりにおいしい思いや悲しい思いをさせないということです。例えば、クラスを受け持てば、次のような子どもがいると思います。

 A何もしなくても、教師によってくる子ども

 B何かしないと、教師によってこない子ども

 教師が何も手立てをとらなければ、必然と「先生はAの子どもたちのことは好きだけど、僕たちのことは構ってくれない」と思われてしまう。だからこそ、Bの子どもたちとどのように関わりをもつかが大事になってきます。このBの子どもたちと意図的、意識的に関わりをもつことを来年度は意識していきたいと考えました。

 2つ目の「誰でも安心して過ごせる関係性をつくること」というのは、子どもたち同士を対等な関係性にしていくということです。極端な例を出せば、「クラスのボスがいて他の子どもが安心して発言ができない」というような状況をつくらないということ。誰でも、安心して自分の気持ちを表現したり、それを周りの人が受け止めてくれたりする温かい雰囲気をつくっていきたいと考えました。

 

②教師が授業でどれだけ本気かを見せつける

 今回の話を聴いていて衝撃を受けたのは、土居先生の授業記録のエピソードでした。授業記録というのは、「授業での教師の発問や子どもの反応を、振り返って紙に起こしたもの」です。土居先生はそれを手書きで、しかも100号以上も発行しているのに驚きです。そして、それを子どもにも配ります。それを見た子どもは「土居先生すごくない?」とつぶやいたそうです。私は、このエピソードを聴いたときに「これだ!」と思いました。それは、「教師が本気で授業に取り組んでいるんだという姿勢を子どもに示す」ということです。こういうところから、教師と子どもとの信頼感が生まれてくるのだと思います。「あの、先生は本気で自分たちを伸ばそうとしてくれた。」「決して手を抜かないで接してくれた。」と思うからこそ、子どもたちも「自分もがんばろう」と思うのではないでしょうか。(もちろん、時には手を抜くことも大事です。教師が心身を壊したら元も子もないですから、、、)

 

③言行不一致を避ける

 これは、教師が犯してしまうNGの典型だと思います。「自分からあいさつしよう」と教師が言っているのにもかかわらず、子どもに何も言わない。こんなことが日常茶飯事です。しかし、これを繰り返してしまうと、「先生の言ってたこと守らなくても何も言われないんだ。」「別にやらなくてもいいや」という子どもたちの思考を強化してしまいます。教師がそれを発言したからには、それを子どもたちが本当にできているかどうかを確認して、定着させる必要があります。徹底と定着です。それを、1ヶ月、ひいては1年間継続することで、子どもたちの成長した姿として具現化されていくのだと思います。

 そして、徹底させるためのポイントは、「指導することをしぼること」。あれもこれもやるでは、徹底することはできません。どれも中途半端になってしまいます。これだけは徹底させて指導していくというのは3つほどにしぼるのがいいと思います。

 私の場合は、

 ①あいさつと返事を自分から元気に

 ②給食準備は10以内

 ③そうじはまずだまってやる

ということを1年間継続して指導しました。これは、ブラック学級経営の中村健一先生の実践を参考にしています。皆さんも、自分が徹底して指導したいことを焦点化してみるのが良いと思います。

 

 今回の記事は以上になります。新しいクラスを持つ上で、自分の教育観がアップデートされたことが嬉しいです。今日学んだことをもとに、クラスのしくみや指導の方針などを具体的に考えていきたいと思います。

学級開きおすすめの本6選

 こんにちは。今回は、学級開きをする前に読んでおきたい本を紹介したいと思います。私自身も学級開きが近づくとこの本を毎年読むようにしています。まさしく必読本です。今回はその中でも特におすすめの本を6冊紹介したいと思います。

 

①中村健一策略―ブラック学級開き 規律と秩序を仕込む漆黒の三日間

www.amazon.co.jp

  言わずと知れた人気のブラックシリーズの至高の一冊です。とにかく、学級経営で悩んでいる人は、迷わずブラックシリーズを読むことをおすすめします。中村先生の本の良いところは何といっても、綺麗ごと抜きの現実主義であるということ。この本を読めば、学級経営で具体的に何をすればいいのかがわかります。私が1、2年目で苦しんでいた時に出会ったのがこの一冊でした。この本に命を救われたと言っても過言じゃありません。

 

②赤坂信二「学級経営大全」

www.amazon.co.jp

 続いても人気の先生ですね。赤坂真二先生といえば、アドラー心理学をもとにした学級経営理論を多くの書籍にまとめています。その中でも特に読みやすく、教科書的にまとめられているのがこの一冊です。

 学級経営といえば、通常は教員としての経歴を重ねていくことで身につくものと考えられています。しかし、初任者や若手にはその「経験」がありません。それでは、何でそれを補えばよいのでしょうか。その答えを教えてくれる一冊です。この本を読むことで、経験だけでは学ぶことのできない学級経営に関する知識や理論を学ぶことができました。

③菊池省三「場面や目的に応じた1分・3分・5分でできる学級あそび105」

www.amazon.co.jp

  続いては、学級開きやちょっとした隙間時間に使える学級あそびがつめこまれた一冊です。菊池省三先生といえば、「褒め言葉のシャワー」や「成長ノート」の実践が有名ですが、私のお気に入りはこの本です。この本には、タイトルにあるように場面や目的に応じた学級あそびがたっぷりと詰め込まれています。特に4月の学級開き直後では、こうしたあそびをたくさん取り入れることで、子どもたちの心を掴むことができます。学級あそびの本は他にもたくさんありますが、一番使いやすいと感じたのがこの本です。ぜひ、教室に1冊おいてみてください!

④野中信行「学級経営力を高める3・7・30の法則

www.amazon.co.jp

  野中信行先生と言えば、初任者指導、学級経営指導のスペシャリストです。先ほど紹介した中村健一先生も、この野中先生から学級経営を学んだと著書の中で述べています。野中先生の特徴は、何と言っても現在の学校現場で起きている「学級崩壊」に目を向けていることです。正直、学校の現場で働いていると、いわゆる「学級崩壊」といわれるクラスは当たり前のように存在します。しかし、その言葉を出すのはタブーとされる雰囲気があるのです。(例えるなら〇リー・〇ッターに出てくる例のあの人的な)しかし、野中先生ははっきりと「現場の学級崩壊をどうにかしないといけない」と述べています。つまり、学級崩壊に正面から立ち向かうための理論や実践を我々に教えてくれる一冊であるということです。学級を安定させたいという思いがある方はぜひ読んでおきたい本です。

⑤土作彰「絶対に学級崩壊させない! ここ一番の「決めゼリフ」 <生き方>に迫る深いいクラスづくり」

www.amazon.co.jp

  土作彰先生と言えば、ミニネタの本が有名で「ミニネタの帝王」と呼ばれるお方です。そして、今回紹介する本のタイトルにも表れている通り、「熱血教師」でもあります。土作先生のすごさを一言で表すならば、「子どもを鍛え育てる教師」であるということです。圧倒的な声の大きさ、圧倒的な行動の素早さ、圧倒的なチームの団結力、教師としての力量の大きさが子どもたちの姿にそのまま反映されています。

 そして、その土作先生の著書の中でも私がおすすめするのは、この決めゼリフシリーズです。学校現場にでると、ありとあらゆるトラブルが起きます。そして、何の経験も引き出しもない初任者はあっという間に学級が崩れます。何故なら「問題が起きてから対策を考えているから」です。ある意味、初任者なのだからそれはしかたないかもしれません。しかし、そんな後手後手の対応を防ぐためにあるのがこの本です。この本には、学校現場で出会うであろう問題場面が多く紹介されています。そして土作先生流の対応の仕方やその理念が書かれています。つまり、この本を読むのことで「トラブルに対して、即時対応する力」を磨くことができます。そして、何より大切なのは、「この先、きっとこんなトラブルが起こるに違いない」という未来視ができるということ。これがかなり大きいです。問題が起こるとわかっていれば、先だって対策を立てることができます。まさに「機先を制す」ということです。

⑥土居正博「教員1年目の教科書 初任者でもバリバリ活躍したい! 教師のための心得」

www.amazon.co.jp

 最後に紹介するのは、最近も著書をだされた若手教員の実力派筆頭、土居正博先生です。土居先生と言えば、国語科の実践者でもあり「漢字ドリルシステム」の実践が有名ですね。土居先生の本はどれも読みやすいかつ、切れ味がするどい内容です。その中でも初任者にぴったりのこの本は必読です。

 この本の素晴らしいところは、ハウツーではなく、教師としての「在り方」が書かれているということです。教師として成長するということはどういうことか、成長するためにはどんな心構えが必要なのかを教えられる本です。教員5年目になる私もこの本から学ぶことは多くあり、何度も読み返しています。初任者のころにこの本に出合っていればと悔やまれます。このブログを読んだ皆さんはぜひ、この本を買って読んでみてください!!

 

 

 

 

 

以上で本の紹介を終わります。本来であれば、まだまだ紹介したい本はたくさんあるのですが、時間の都合上今回はここまでにしたいと思います。また、需要があれば第2弾という形で紹介したいと思います。それでは

学級開きのために準備しておきたいこと3選

f:id:noppoteacher:20210228084234j:plain          

 今回は学級開きの前に「どんなことをすればいいの?」と悩んでいる方へ向けて、私が毎年必ずやっている3月の準備について紹介します。

 本来であれば、やるべきことはたくさんあって書ききれないのですが、今回はその中でも手軽にできること3つに絞って書きたいと思います。

それは次の3つです。

①自己紹介の台本を考える

②担任としてのルールを決める

③ミニネタをストックする

 

①自分の自己紹介の台本を考える

 まず最初に考えておくのは自己紹介の台本です。4月のスタート時期はとにかく自己紹介の機会が多いです。職員室の自己紹介はスベっても何とかなりますが、子どもたちの前ですべるのは避けたいところです。

 自己紹介をする上で重要なのがインパクトを残すこと。これが重要。4月の初日はとにかく忙しいです。

・クラスの移動

・プリントの配付と説明

・教科書配付

・提出物の回収

・今後の日程の説明・・・などなど

 挙げたらきりがありません。そしてあっという間に下校の時間です。そして家に帰った子どもたちは次のような会話をするでしょう。

 

母「新しい先生どんな先生だった?」

子「プリントいっぱい配る先生だった」

 

 こんな会話をされるのは嫌ですね。これを防ぐためには、とにかく自己紹介でインパクトを残すことです。おすすめは「あいうえお作文」で自己紹介をすること。

 例えば、山田たかお先生なら

や・・・ヤングで

ま・・・マッチョで

だ・・・ダンスが得意

た・・・高いところが苦手だけど

か・・・肝心なときは頼りになる

お・・・男らしい先生です!

 

 みたいな感じですね!内容はともかく、普通に自己紹介するよりはインパクトが残りますよね。あとは、演出の仕方も大事です。

 

「先生の名前ほんとうはめちゃくちゃ長いんだけど、君たちに覚えられるかな?きっと無理だろうなあ~」

 

 という風に子たちを軽く挑発すると、「絶対覚えられるから教えて!!」と盛り上がります。

 他にも、特技を披露したり、パワーポイントでクイズ形式にしたりする演出もいいですね。

②担任としてのルールを決める

 次に、自己紹介と関連するのですが、担任としてのルールを決めておくことも大切です。ここでいう担任としてのルールとは例えば

・1年間継続して育てたいこと

・これだけは絶対にゆるさないということ

などです。

 

 1つ目の「1年間継続して育てたいこと」は担任自身の学級経営に直結します。自分はどんなクラスに育てたいのか、それを実現すためには何を実行すればいいのか。そのビジョンがなければ指導ができません。

「そんなの子どもに合わないと決められないよ」

という人もいるかもしれませんが、先ほど書いたように、4月は本当に忙しいです。じっくり自分の学級経営の方針を考える暇なんてありません。

 だからこそ、3月の余裕がある時期に学級の「骨格」を決めておくことは大切なのです。私の場合は

・自分からあいさつと返事をする

・給食準備を10分以内にする

・そうじは黙ってする

の3つです。

 この3つというのにも意味があります。それは、あまり多すぎると指導が「ぶれて」しまうからです。学級経営で大事なのは1年間継続することです。あれも大事、これも大事となると、指導が追い付かなくなり、必ず教師が手を抜いてしまいます。ですから3つくらいがちょうどいいでしょう。

 

 2つ目の絶対にゆるせないことというのは、担任がどのような時に叱るのかを明確にしたものです。

 私の場合はこれも3つにしぼって4月に子どもたちに伝えるようにしています。次のような感じです。

 

「私は基本的には優しいですが、次の3つのことをしたときは強く叱るときがあります。1つは命の関わることをした時です。例えば、窓から外を覗いている人の背中を押すとかです。学校で一番大切なのは安全です。そして君たちの命です。私は、君たちの命が危険にならないように守る責任があります。だから命にかかわるようなことは絶対にしないでください。2つ目は、いじめです。例えば、人が傷つくことを平気でいったり、人の物を隠したりすることです。いじめは、いじめた方も、いじめられた方も傷つきます。それだけではなく、お家の人や先生たちも傷つきます。だから、人をいじめることは絶対に許しません。もし、困っている人や悩んでいる人がいれば先生にこっそり相談してください。3つ目は、3回注意しても改善されない時です。例えば、注意しているのにおしゃべりをやめないなどです。私は3回まではそれを注意します。1回注意しても聞き逃してしまうこともありますからね。また、1回言われたのにまたやってしまうことは誰でもあります。しかし、それは3回までです。3回注意しても直らないのはさすがに優しい先生でも許せません。その時は強く叱ります。」

 

 こんな感じです。あくまでもこれは私の基準なので、みなさんは自分なりの基準をつくってみてください。

 特に悩むのは3つ目の基準です。1つ目と2つ目の基準は、教師であるならば誰でも叱るべきものなので迷うことはないと思います。しかし、3つ目の基準は「え、そんなことで叱るの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 けど、それでいいんです!だからこそ伝える意味があるんです!!

 自分の叱る基準を最初に示しておけば、「なんでこんなことで叱られるんだ・・・」というのを減らすことができます。「あ、そういえば先生が4月に言ってたな」と思わせれば、指導が通りやすくなります。

 また、この基準があることで教師自身が自分の感情をコントロールしやすくなります。「あ・・・いま怒鳴りたいけど、子どもたちとの約束があるから我慢しよう」という歯止めがききます。

 ですからこの3つ目は、「自分が普段から気にしていること」「これだけは我慢できない、許せない」という個人の価値基準を入れるべきだと考えています。

③ミニネタをストックする

 一番手軽に準備できるのはミニネタをストックすることです。ミニネタとは、手軽に実践できるゲーム、学級遊びなどのことです。初日は、隙間の時間や余った時間にとにかくたくさんミニネタをやりましょう。手軽にできるおすすめのミニネタを紹介します。

〇テレパシーじゃんけん

・指で1~5の数字を出して、相手と同じ数字が出たら成功。

・担任と子どもたち、子ども同士でペア、子ども同士で3人組など、組み合わせは自由

・「て・て・て・テレパシー!」などの掛け声をかけるとさらに盛り上がる。

 

〇漢字探しゲーム

・お題を出す

 例「口という字に2画足してできる漢字を1分でノートにたくさん書きましょう。まずは自分の力だけでやってみよう。」

・1分たったら、何個書けたかを発表する

・次は、友達と相談したり、辞書で調べてOKにする。3分ほど時間をとる。

・最後に、ノートの真っ白なページを開かせて、もう一度自分の力で何個書けるかやってみる。

・1分たったら、何個書けたかを発表する

・1回目と2回目を比べて、どうしてかける漢字が増えたのかを子どもたちに問う。

→友達と協力したから、自分で調べたから、集中して取り組んだから

・子どもから出た意見を価値づける

 

〇「〇〇といえば」ゲーム

・子どもたちにペアをつくらせる

・担任がお題を出して、ペアで答えがそろえば1ポイント

・3回戦して、一番ポイントが高いペアの優勝

 「世界で一番強い動物といえば?」

 「世界で一番速い動物といえば?」

 「世界で一番かわいい動物といえば?」

※簡単なお題→難しいお題の順番で出す方が演出的に盛り上がる

 

 このほかにもたくさんミニネタはあるので、ネットで検索したり、本を買ったりしてストックしておくといいと思います。ちなみに私の場合は、初日に10個ほどミニネタを放出するようにしています。

 なぜなら、初日に「学校楽しかった!」「1年間楽しみだ!」と思ってほしいからです。子どもも教員も1年間が楽しみになるような学級開きにしたいですね!

 

それではまた!